ADHDの対応

ADHDの対応

ADHDの息子は楽しい勉強だと好循環。前向きだと全てがうまくいく。

息子は基本的に「前向き」な空気が大好きで、「後ろ向き」「マイナス思考」だと悪循環になってしまう子です。しかしADHDの子相手に前向きな姿勢を貫くのは中々難しいものでした。
ADHDの対応

勉強が大変だった頃にやっていたこと

今でこそ理解力も上がって、ほとんど問題なく勉学に励めるようになっていますが、小学校時代は単元ごとに理解させるのにも一苦労でした。その頃やっていたことを振り返ってみたいと思います。
ADHDの対応

暴言・暴力が大変だった頃

息子は今でこそすっかり落ち着いて平和な毎日ですが、小学校時代はトラブルの元でした。先生から電話があったり暴言・暴力なんかも何かと起こすばかりで、私なんかは一気にその時期に白髪が増えたくらいでした^^;;;
ADHDの対応

ADHDとの付き合い方。最善を尽くしつつ、あまり期待しないというおかしなバランスが楽になるコツかも。

小学校・中学校と発達障害児を育ててきて思うことがあります。それは「大きな期待をしない」ということ。もちろん、長期的な目でそういう希望をもっておくことはもちろん大事だと思うのですが、近い将来としては「ほんの一歩進んでいればいいかな」くらいの...
ADHDの対応

夏休みもあと一週間。宿題のツメが甘すぎ!チェックと補充。

早いもので、そろそろ夏休みも残り1週間を切りました。息子の学校は八月最終週から学校が始まります。私もようやく一人で集中して仕事に取り掛かることができそうで、やれやれという感じです^^;;終わったはずの夏休みワーク、チェックが甘すぎて提出で...
ADHDの対応

ADHD対応の基本。行動を3つに分類して対応を変えることで、良い行動が増える

ADHDの子を育てるのは、定型発達の子と同じ接し方をしていたのでは、うまくいきません。むしろ、定型発達の子に接するのと逆のやり方をしていく方がうまくいく、とも言えます。
ADHDの対応

もともと頭が良い人のアドバイスは、それほど参考にならない。できないからこそ、わかること。

同じADHD、と一言で言っても、ものすごく勉強のできる子もいれば、それほどではない子もいるわけです。息子は、それほど頭がいいわけではありません。今、それほど学習において困っていないのは、それこそ多大な時間をかけて頑張っているからであって、...
ADHDの対応

家庭教師の先生と話し合い。成績アップのために発達障害ADHDをもっとわかってほしいけど・・・?

息子は毎週家庭教師の先生にきていただいています。もちろん、発達障害であるADHDがある、ということは伝えているのですが、なまじお薬もよく効いている状態であるので、先生からしたら「この子は普通の子ですよ」と言われてしまうこともしばしば。。。...
タイトルとURLをコピーしました