暴言・暴力が大変だった頃

ADHDの対応
LINEで送る
Pocket

息子は今でこそすっかり落ち着いて平和な毎日ですが、小学校時代はトラブルの元でした。先生から電話があったり暴言・暴力なんかも何かと起こすばかりで、私なんかは一気にその時期に白髪が増えたくらいでした^^;;;

小学校の頃だけではなく、今でも息子はADHDが強い出ているタイプだと思っています。
とにかく、じっとして落ち着いて人の話を聞くことができない。
低学年の頃は、授業中は他ごとをして遊んでる(授業中は、算数セットを出して遊んでいたそうです・・・)
離席などはなかったので通常級にいましたが、お隣の席の子には迷惑をかけていたのでは・・と想像されます。。



被害に合うこともあったし、暴言や暴力をしてしまうこともあったし、本当に気の休まる日がなかった小学生の日々でした。
息子は比較的なんでも私によく話してくれるので、「ママ、今日は実はこんなことがあって・・・」と話し出したとたんに、またか〜〜〜とどよーんと暗くなってしまっていました。

友達と遊んでいる風景を見ても、とにかく我慢ができない。
一人だけ動物が混じってるの?と思えるくらい情けない気持ちになっていました。

6年生から薬物療法が始まって、担任の先生がおおらかでいい先生になったこともあり、徐々に問題行動が減っていった記憶があります。

大変だった頃、私はいつも「この子には100万回同じことを言い続ける必要がある」と常に思うようにしていました。
100回とかではなく100万回です^^;;;
そう思っていると、数回同じことを言うくらいでは、こっちもへこたれないので不思議です。

学校の先生、習い事の先生などにも「普通の子には1回言えばわかることが、この子には通用しません。100万回くらい言う覚悟が必要な子です。面倒な子で本当にすみません。」と最初に必ずお伝えするようにしていました。

先生は「まあまあお母さん、大げさな」と言われることが多いですが、そこは冗談抜きでそうなのです、とお伝えするようにしていました。
そのくらい思っていただいていてちょうど良いくらいなんだなと思っています。

あとは、以下を毎日毎日心がけること。

・短い言葉で伝える
・2つか3つくらい、毎日家を出る時に約束する
 「叩かない」など
・この約束を守れた日にはポイントを貯めたり、ご褒美を与える

これをひたすら繰り返していました。

ちなみにポイント帳は今でも活用してて、何か小さな努力を要するものを定着させるためには大変有効でした^^

そんな日々を送りつつ、6年生になった頃くらいから、徐々に問題行動が減っていきました。もちろん、薬物療法の効果もかなり大きかったと思います。
でも、薬を飲まない日も比較的穏やかになっていっている印象でした。

また、6年生の時の担任の先生のおかげもあると思っています。
小さなことで怒ったり乱暴したりすることのある息子に、「うん、気持ちはわかるよ。でも、それは怒るほどのことじゃないんじゃない?」と根気よく伝えてくれていたようです。本当にありがたかったです。

いつのまにか息子は、多少の出来事があって、わたしなら腹たつなあと思えるような場合、「それはひどいよね?怒りたい気持ちにならないの?」と聞くと「別に、そのくらい何でもないし」と言うようになっていきました。
そのあとも、その出来事の話しに触れることなく、普通に日常を過ごしているので、怒るという気持ちがないのは確かなようです。

今では、本当〜に正当な理由がある時以外は、ほとんど怒らなくなりました。
人ってこんなに変わったりするものなのかなあと時々昔を思い出しては不思議に思うことがあります。

沢山の人に支えていただいて今があるので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです^^

お読みいただきありがとうございます。
ワンクリック、応援いただけますと嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント

  1. ミント より:

    こんにちは。

    robo君のブログのコメント欄から飛んで来ました、ミントです。
    いつもコメントを読ませて頂いて、息子さんと同い年なんだなと思って
    勝手に親近感を持っていました。

    息子さんは6年生の頃から随分と変わってらして、今は懐かしい位に思われて
    いると言う事で羨ましく思っています。うちの娘は今やっと息子さんの6年生初め
    位の状況かなと思うので、後1半後位に懐かしいと振り返る事が出来るといいなぁと。

    その後に勉強面でも変化があればと思います。未だザルの様な感じですので。

    人ってこんなに変わるのかぁと思ってみたいです!

  2. RNMR33 より:

    ミントさん、コメントありがとうございます^^
    roboママさんの所でのコメント、拝見させていただいています。
    とても一生懸命で、とても賢い方なんだろうなあと想像していました。
    娘さんと同い年ですので、ミントさんのコメント読みながら、分かるなあと共感したりしていました。

    息子は今でこそ落ち着いていますが、小学校の頃は色々と大変な子でした。
    息子は特に5年生の時は環境も悪く、息子の状態もすごく悪かったです。
    周囲から噂されてて、肩身が狭い気持ちになったこともあります。
    また、今でも出来ないことは沢山ありますので、とても周りに追いついていると言えない部分もあります。
    でも、苦手なものは仕方ないので、もう少しずつ成長すればいいかなあと半分あきらめた感じになってきました(笑)

    息子が6年生から状態がよくなったのは、色々な要因がおそらくあるのではと思っていて、
    ・薬物療法を始めたこと
    ・カウンセリングを重視する主治医に変わったこと
    ・小学校の担任がおおらかな先生に変わったこと
    ・いじめっ子と違うクラスになれたこと
    ・年齢的な成長
    など複合的なものなのかなあと思っています。

    主治医が話しをじっくりと聞いてくれる方で、私一人で診察に行って育児の愚痴をぶちまけたりもしていましたので、それによってストレスが随分軽減されていたと思います。
    愚痴を聞いてもらえることで、私の精神的安定がもたらされていたので、それも大きかったのかもしれません。
    それによって、私も穏やかでいられたので、息子も安定してきた、というのもあると思います。

    ミントさんも少しずつ娘さんが落ち着かれてきているとのこと、良かったですね^^
    小さな進歩であっても、後退していくことはないと思いますので、ストレスを溜めすぎないように日々を過ごされてくださいね。
    一番きついのは、思春期の高学年〜中学生あたり、と主治医に言われました。
    きっと、数年後には懐かしいと思える状態になるのかもしれませんね^^

  3. ミント より:

    長文のお返事ありがとうございます。お仕事なさっていてお忙しいのに申し訳ありません。

    私などの事を誉めて頂き恐縮です。未だ発達障害の特性を上手く乗りこなせず四苦八苦くしている人間です。

    息子さんの経過を詳しくありがとうございます。うちも2年生の頃に、薬物療法(コンサータ)に踏み切った所、素直で指示に従え、やる気も出て、コミュニケーション能力が上がり、何て凄い薬なのだと思ったのですが、数日でアレルギーが出て断念、ステラトラも試しましたが、攻撃性が増しアレルギーも出た為に断念しました。それ以降漢方もサプリメントもありとあらゆる物を試しました。勿論、療育も通級もペアレントトレーニングもSSTもビジョントレーニングも。本当にやりきった感がありますね。もう為す術がないと諦めた今夏から、急に変化が見られた所です。

    言っている意味が分からないのかシャットアウトしてるのか、何度注意しても改善せず、こんな事が何年にも及び、もう育てるのは無理なのでないかと生きる死ぬまで考えてきました。ここの所やっと娘の事以外を考える事が出来る様になって、本当の自分を7年振り位に取り戻しつつある感じです。

    何が何でも私が何とかすると思って頑張り過ぎて来たので、非常に疲れました。今は本人の力に任せようと、少し離れて様子を見ています。

    中学を卒業する頃には「あの子化けたね」と周りから良い評価を貰える様になるのが夢です。本当は息子さんの様に小学校卒業するまでに変化があって、そう周りに言われたかったんですよね。。

    お互い、無理せずに行きましょうね。

  4. RNMR33 より:

    ミントさん、コメントありがとうございます^^
    お嬢様のために、ありとあらゆる手段を使われて頑張ってこられたんですね!
    一生懸命娘さんのために育児をされてきたんだなあというのがとても伝わってきました。
    なかなかそんなお母さんいないと思います。
    本当に頑張っていらしてて、素晴らしいなと思います。

    私もそれこそ、小学校の間はありとあらゆる手段を使いましたので、似た状況かもしれません。
    色々試しすぎて、この方法は効くだろうなとか効かないだろうな、とか経験を重ねるとなんとなく分かってきますよね^^;;;;

    お薬は合う合わないがありますよね。
    息子も、4年生の頃に始めてコンサータを試した時は、だんだん合わなくなって半年で断念したのですが、6年生からだとなぜかしっくり合いました。
    とはいえ、息子の衝動性の改善や「落ち着きを出すこと」に効いたのはコンサータではなくて、エビリファイかなと感じています。

    発達障害を持っていても間違いなく発達はしていきますから、お嬢様の成長が楽しみですね。
    ほんと、無理せず頑張りましょう!^^
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました