苦労は分かってもらえない。「もう心配ないね」という言葉の裏側にあるもの。

LINEで送る
Pocket

義理の母と息子の成績や学校生活について話していると「もう心配ないね〜」と言われたりします。でも、そう言われるのが複雑な心境、という発達ママの視点はあるのです。なぜなら、ものすごく水面下で支えているからです。

同じ成績でも水面下の支えがあるかないか。

息子とほぼ同じ程度の成績の子がいたとしても、その子は自分の力で勉強していて、親のサポートがほとんどない場合が多数なのではないかと思います。
なのでたとえ同じような成績を取っていたとしても、自力なのか、精一杯の親の支えがあってそうなのか、事情は全く違うわけです。

しかし、そういう水面下の苦労や支えるのがどれだけ大変か・・・ということは、ほとんど理解されていないように思います。
私も本当に毎日が息子のことで埋め尽くされている状態で、試験範囲の把握は息子よりも私の方がしっかり把握している、みたいな状態であるわけで、そういうお母さんは少数派なんだろうなあと思います^^;;

この水面下の支えがなくなれば、息子はきっと勉強にも穴や取りこぼしが増えてしまい、成績も急降下するであろうことは容易に想像できます。



見た目で分からない発達障害の子は一番支えが大変

先日ブログに書いた発達ママさんとランチしている時にも話題になったのですが、「見た目で障害があるとすぐに分かるタイプ」の子よりも、息子やT君のような見た目ではわからない、でも定型の子とは差があるようなタイプは一番支援が必要、また支えるのも大変、と言われています。

見た目では分からず、そこそこに物事もこなすものですから、周りからは「当然それもできるでしょう」という風に要求されるのです。

でも実際はトンチンカンだったり、ずれていたり、ということが多々にしてある。そこは、サポートをしてあげたり何度かルーティーンして覚えさせたりなど、「できる」ようにしていくための苦労があるわけですが、これが一番大変なわけです。
しかし、この大変さは中々理解されません。
義理の母はもちろんのこと、実家の母、主人でさえ私の苦労を本当に理解しているとは思えません。日常生活で息子と過ごす時間も少ないわけですから、無理もありません。

以前は、この苦労を分かってもらえないということに対して、憤りを感じたりもしていたのですが、最近はもうこれについても諦め気味になってきました^^;

しょせん、実際に体験していない人には分かってもらえないのは当然!なのです。

でもきっと、同じ中学の中でも私と同じように、発達障害の子を持っていて、力を入れて子供の勉強をみてやって、できるだけサポートして・・・というお母さんが一人くらいはいるかもしれません。
息子は支援学級に所属しているわけでもありませんから、全く交流もありませんし分かりませんが、きっと世の中で頑張っているのは私一人だけではないのだろうな、と思ったりすることがあるのです。

がんばっている人がいるのだから、私もがんばろう。

そう思えることが、最近ではちょっとだけ気持ちを楽にする術になってきました。
もちろん、ブログでこうやって書き綴っていることや、他のママさんのブログから学ばせていただくことも原動力になっています。

でも、たまにしんどくなることがありますね〜^^;;;
そんな時はちょっとだけ休む時間が必要なのかもしれませんね。

お読みいただきありがとうございます。
ワンクリック、応援いただけますと大変嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆき より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

  2. RNMR33 より:

    ゆきさん、はじめまして^^
    コメントありがとうございます。

    いつもお読みいただいているなんて、とても嬉しいです。
    同じように勉強をサポートして、頑張って子育てされている方がいらっしゃるかと思うと、一人ではない!と勇気をもらえるような気持ちです。とても励まされました。
    ありがとうございます。

    お子様は中学3年なのですね、しっかりされてきていらっしゃるとのこと、うちの息子も中学3年になれば少しはしっかりするのでしょうか。まだまだ今の姿からは想像もつきません^^;
    息子もWiscの検査で、上下差が30くらいありましたので、アンバランスで、何かとできることとできないことの差があります。

    ゆきさんの県は内申点の比率が高いのですね。
    私の県も内申点の比率高いんですよ。内申と試験が五分五分という比率です。
    提出物に勉強の苦手なところのサポートに、毎日が大変ですよね。
    支えるお母様のご苦労は相当なものだと思います。本当にお疲れ様です。
    でも、その甲斐あって志望校のレベルもある程度保てるというのもありますよね。
    私も、息子の将来の選択肢が少しでも多くなり少しでも自信が持てるように、ある程度はサポートしてあげたいなと思っています。

    おっしゃられているように、本当に頭の良い子やしっかりした子の親御さんには、この苦労は絶対分からないだろうなと思います。
    自分の人生も楽しめて、子育てさぞ楽しいんだろうなあ・・・なんて思ってしまうこともしばしばです^^;
    でも、難しいことですが、こういう子だからこその幸せを見つけていけたらいいなあと思っています。

    もうすぐ入試ですよね。
    良い結果が訪れますように、影ながら応援しています!

スポンサーリンク
サイドバー正方形