adhd33一覧

定期テスト前後の課題の多さ。時間のない子に「考える力」は身につくのだろうか。

毎度毎度のことながら驚くのが、定期テスト前後に出る課題の多さです。 「考える力」を重視する指導要項に変化してきつつあると言いますが、これもど子供達が忙しい状態だと、そもそも考える余裕すら生まれないのではないかな、と思ったりします。

記事を読む

コンサータの効果が切れだしてくると勉強にならず。ゆるくできる課題を。

息子は発達障害のお薬、コンサータを服用しています。小学校4年生の頃に一時的にチャレンジしましたが、その時はうまくいかなかったのですが、小学校6年生からは継続して飲むようになりました。 しかし、効き目が切れると気の散り具合が激しくなるので勉強になりません。

記事を読む

中間テスト期間へ。毎度ながらテスト勉強時間が足りない!

学校は中間テスト期間になりました。 毎度のことながら、大量の提出物、日常的に出る宿題も多く、全く時間が足りません。他の中学生もこんな感じなのかな〜

記事を読む

ADHDとの付き合い方。最善を尽くしつつ、あまり期待しないというおかしなバランスが楽になるコツかも。

長期的な希望をもっておくことはもちろん大事だと思うのですが、近い将来としては「ほんの一歩進んでいればいいかな」くらいの気持ちがちょうど良いのかなと最近思っています。

記事を読む

連休は中間テスト対策に。発達障害ゆえ、覚えるのに時間がかかる。

息子は一夜漬けで覚えたり、などができるタイプではなく、覚えるのにも時間がかかります。計画を立てたりなども自分では無理。何から何まで今はサポートしている状態です。

記事を読む

発達障害の不器用さで、理科の実験が苦手。発達性協調運動障害はなかなか理解してもらえず。

息子は、発達性協調運動障害の傾向も持っています。診断はADHDではありますが、手先の不器用さ、処理能力の低さからも顕著にわかります。

記事を読む

勉強の先取りの効果を実感してる。発達障害の子には予習が効果的とはこのことかな。

定期テストへの勉強の準備を始めた息子ですが、中学校に入ってから数学だけはほとんど勉強せずともそこそこの点数を取ることができています。 その分、応用問題にチャレンジしたり他の教科の勉強に時間を割けます。

記事を読む

夏休み明けテストの結果。勉強はゲームのような感じ?点をとるのが面白くなってきているらしい。

夏休み明けテストが戻ってきています。 平均点から加味してもだいぶ1学期より成績が良くなっているみたいで、喜んでいます

記事を読む

ケーキを3等分できない非行少年の話。認知能力は毎日数分の取り組みで向上する。

空間認知能力や様々な能力。境界領域にいる場合は自分で身につけるのは難しく、やはりトレーニングを必要とします。

記事を読む

夏休み明けテスト。ADHDの息子、コンサータを飲み忘れて朝出かけてしまった!

夏休み明けテスト当日。なんと朝でかける時にコンサータを飲み忘れて出てしまう、というミスをやらかしてしまいました^^;

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形