少し相性が悪そうに見えた子と今では仲良く

LINEで送る
Pocket

中学に入学して当初、少し仲が悪そうで、何かにつけてちょっとしたイザコザが発生していた子がいました。
何日間か続いたりしていたので、少々心配してはいたのですが、こういう時も、もう自分でなんとかしたい、という気持ちの方が強くなってきているみたいで、喜ばしいです。

その子とは、実は相性が悪いのかな?今度席替えするなら離してもらうようにお願いしてみたら?など話してはいたんですが、結局自分から先生に相談し、解決したようです。



その後、しばらく経ってから、相手の子が時々話しかけてくれるようになったみたいで、「あいつは僕のことを心配してくれているのかもしれない」と。
なんだかんだでお互いに気にかけているようです。

こんな事件?というほどでもないけれど、これがあったのが4月に入学してすぐの頃。今では色々話したりもしているようで、人間関係って不思議だなあと思います。

友達同士の関係は流動的なもの

社会でも学校の友達でもそうですが、関係って流動的なもので、どうなるかは分からないものです。
点でなくて、線でとらえるって感じでしょうか。
今悪くても将来よくなる時期があるかもしれないし、逆も起こり得る場合もあるし。
どうしても、子供が学校で何かあった、と聞かされると心配の方が先に立ってしまうのですが、点でとらえず線で考えられるように。おおらかに見れるようにしていきたいな、と思うのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイドバー正方形