お盆・発達障害を理解していない姑と会うのはちょっと気が重い

LINEで送る
Pocket

世間はお盆休みに入りましたね^^
私はちょこちょこ仕事をする予定ではありますが、基本的にお休みです。
お盆休みといえば、実家への帰省やお墓まいりですが、、、姑は発達障害に理解がないので、毎回少し嫌な思いをするので、ちょっと憂鬱です。

グレーゾーンの子は基本的に理解してもらえない場合が多いのかも

これは本当に痛感します。誰が見てもわかるような障害の場合だと、理解を得られやすいし、周りの対応も温かいのですが、息子のようなグレーゾーンの子は、一見すると全くわからない、薬が効いている時は本当〜に分からないような子で、周りは全然理解してくれないのが普通だと思います。



ものすごく頑張って、平均くらいなのに、もっと上を求める姑

息子は本当によく頑張っています。
一日の多くの時間を勉強に学習に費やして、良い点をとりたい!という一心で頑張っているのです。
でも、どんなに頑張ってもやっぱり平均くらいなんです。教科によっては中の上くらいにいますが、他の苦手な教科はひどかったりもするし、凸凹が激しい子です。

でも、その頑張りを姑は理解していない。
「この程度なの?」という意図が、垣間見えてしんどくなります。。

毎回会うたびにストレスになるので、なんとか会う機会を減らせられないかな〜と思うところなのですが、、、

息子はね、本当に頑張ってるけど、それは私のサポートありきで、勉強の計画から何から何までしっかりサポートしているから、とも言えます。
何もしなかったら落ちこぼれ一直線になってしまうんです。
それを全く知らずして、「こうすればいいのよ」と定型の子向けの当たり前のありきたりのアドバイスをされるので、ほんともう勘弁して欲しいです^^;;;

一度、主人がガツンと言ってくれたこともあるのですが、その時だけで。
やっぱりもともと根本から発達障害を理解しようとなんてしていないんだと思います。

わかってくれない人にわかってもらおうとしなくていい

姑が息子のことを理解するようになることなんて、多分ないんだろうな、と思います。
姑も自分の息子しか見ていない、そういう子を育てていないんだから、分からないのでしょう。でも、発達障害の子を知らないのであれば、知らないなりにもっと謙虚さがあっても良いのではないかな、と思うのです。
自分の知ってることが全てではないのだから。。。

姑の言語で何か喋ってる、くらいに思って適当に右から左へ聞き流していけるように頑張りたいです。修行の日々ですね^^;;;;
今日はグチのようなブログになってしまってすみません。

お読みいただきありがとうございます。
ワンクリック、応援いただけますと嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイドバー正方形