発達障害の息子、ペットロスで大泣き

中学1年
LINEで送る
Pocket

実は先日、飼っていたペットのハムスターが亡くなりました。2年近く、可愛い姿をいっぱい見せて癒してくれました。息子も泣いていましたが、私も喪失感から泣いてしまいました^^;

祖父母と一緒に住んでるなど、家族が多ければ別ですが、うちは息子に私に主人の3人。おまけに息子は超手がかかりますので、犬や猫というのは考えていなかったです^^;
なので、比較的買いやすいハムスターを飼っていました。



息子にとっては初のペット、ジャンガリアンハムスターの女の子でした^^
とっても人懐っこくて、ほとんど噛んだりもしないし手にとことこと乗ってくる可愛い子でした。
それだけに、悲しくて悲しくてたまらないようです。

ハムスターの命は短いので、これからも飼い続けるのであれば、2年くらいで悲しい時期はやってくるわけです。
そこをよく考えて、今後も飼いたいか、それともこの悲しみを二度と味わいたくないのなら、飼わないという選択肢もあるわけです。
よく考えてほしいなと思います。

私自身は本当に本当に寂しいけれど、それ以上に可愛い姿でたくさん癒してもらったので感謝の気持ちです。
しばらくは撮った写真や動画なんかを見ながら、思い出に浸りたいなと思います。

そんなペットロスの状態でも、昨日書いたような大量の学校の宿題、なんとかやりきった息子に拍手!です。辛かったでしょうに。。
その上塾の宿題に家庭学習も少しはやったわけですから、本当にえらいなと思います。
中学の頃の私はもっとボンヤリしていたなあと思いますからね^^;

とはいえ、できてないこともまだまだの息子です。
勉強だけが全てではないですからね。
無事社会に適応できるように、中学や家庭でもいろいろなことを学んでいってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました