覚えられないオリジナル苦手ノート作り

中学1年
LINEで送る
Pocket

予習と復習を進めるにあたって、どうしても覚えられない事項を苦手ノートにしていっています。このアイディアは息子のものでしたが、日に日に大事な項目がノートに溜まっていくので、重宝しそうです^^

覚えていったものから、外して別枠に綴じていきたいと思いますので、苦手ノートとはいえバインダーを使って、覚える項目はルーズリーフで管理しています。

また、これは主治医からのアドバイスでもあったのですが、覚える項目は全て右側だけを使い、裏側(左側)は白紙にしておき何も入れないようにします。

こうすることで、覚える画面側だけに意識をフォーカスすることができて、フラッシュカードのように順繰りめくっていくことができます。
綴じたる外したりの管理もやりやすくなります^^



学校の宿題に追われている時には、こういうノート管理なんかもできませんが、長期休みであるからこその利点を生かして、苦手克服や予習にしっかり時間を割くことができるので嬉しいです。

日頃の勉強はこういう苦手ノートを作ることを中心に行って覚えていき、テスト前には見直すだけになれれば理想ですね^^
もちろん、学校の課題が始まればこううまくもいかないだろうなあとは思いますが。
長期休みならではの取り組み、色々と工夫を凝らしていきたいと思います。

それにしても、こんなに休みがあってもサボらず毎日勉強をしているのは本当にすごいです。
いやだなとも言わず、ほんともう習慣になってしまっているような感じがします。
やる気があろうとなかろうと、日々机に向かってコツコツと頑張れること。
ほんと、息子の誇らしい部分だなと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました