2019年12月一覧

今年一年で驚いたこと・中学受験の失敗と環境の変化への感謝

今年は本当にいろいろなことが一変した一年でした。小学校の卒業と中学受験、それから中学校は校区が変わったことで、いろいろな変化がありました。息子においても変化の中でよく頑張ったなあと思います。

記事を読む

発達障害の子を育てる大変さはわかってもらえない

発達障害の子を育てるのは、並大抵の苦労ではないと思っています。中学一年になってだいぶ手がかからなくなった息子でも、小学校の頃は本当に大変でしたしあの頃は何度親子で泣いたか数え切れないくらいです。

記事を読む

生きていてくれるだけで幸せ

ADHD息子の育児は、紆余曲折ありすぎて、決して順調な子育てとは言えません。定型の子のお母さんが息子と過ごしたら「そんなこともできないの?」とびっくりすること請け合いでしょう。でも、こういう息子だからこその幸せもあると思うのです。

記事を読む

すごいと思われたい!というモチベーションはどうなんだろう?

息子のモチベーションの源は、すごいと思われたい!という気持ちに基づく場合が多いようです。でもそれって、良いことなのかどうなのかな?と思うことがあります。

記事を読む

冬休みの宿題が多すぎる!冬休み計画は?

多すぎる冬休みの宿題を早く片付けるべく、毎日息子は頑張っています。 とはいえ、せっかくの長期休み、宿題だけで終わらせるにはあまりにもったいないのは言うまでもありません。

記事を読む

発達性協調運動障害の通院から学んだ最も大切なこと。

息子はADHDと発達性協調運動障害を持っており、それぞれ別の専門医のところに通っています。ADHDの方は近場なので頻繁に通っていますが、発達性協調運動障害の方は専門医が近県にいるため、その先生のところに数ヶ月に一度通っています。

記事を読む

やりたくない時の勉強は身につかず。

今日は久々に息子とちょっとバトルになりました。。息子はポイント制を今でも導入していて、一日にやるべき勉強のノルマが全て達成された場合は、ご褒美ポイントがもらえることになっているのです。

記事を読む

学期末懇談で言われたことと、不思議な違和感。

2学期の懇談会でした。頑張っていた点や学校での様子、課題などがわかってとても有意義な懇談でした。

記事を読む

頭の回転が早すぎる障害・その後

先日、頭の回転が早すぎるということについて書きました。飲んでいるお薬の割合を少し変更することで微妙な調整を主治医がしてくれたのですが、よく合っていたようで、かなり改善したような印象です。

記事を読む

中学校に入学してからできるようになったこと

中学校に入学して、早くも 2学期が終わろうとしています。小学校からハードルがぐっと上がったことで戸惑いも多いにありましたが、同時にできることも増えてきました。

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形