子ども自身がやりたいことに改善への鍵がある。

中学1年
LINEで送る
Pocket

感覚統合訓練など色々やっていましたが、本当に改善の近道になるのは「子ども自身がやりたいと思っていること」なのだそうです。この大切なことをお世話になっている作業療法士さん、民間の療育をされている方から教えていただきました。

病院もいろんなところで、いろんな先生の意見を聞きましたし、本もそれなりにたくさん読みました。
感覚統合訓練や、発達障害児向けの体を動かす教室なども色々行きましたが、大人が組んだプログラムを順を追ってさせるところ、自由に体を動かせる中で発達を促すところなど、本当に色々な御方針でご指導してくださる先生がいましたが、たどり着くところはここ、である感じがしました。

「その子がやりたいと思っていることが、今その子が必要としていることである」

最初、この意見を教えてくださったのは、民間で療育をされていたH先生です。
その頃は問題だらけで、クラスメートとのトラブルもとても多かった時期です。

「こんな動作ができるようになって欲しいなと思うのですが」

と私は伝えていました。

「それができるようになるためには、まずはそのステージに上がる前の段階で、身体がやりたいと思う動作をひたすらやらせて、肝心なのはやりきってしまうまでやらせてあげることです。そこまでやったら、次のステージに自分から上がろうとするんです。全ての答えは息子さん自身が知っているんです。」

その頃は私も息子のトラブルにひたすら右往左往していた頃で、疲弊していたので、遠回りな印象がしたものですが、今ではハッキリとそれが一番の近道なのだとわかります。



息子が今年の3月末を最後に終了する予定になっているOTの作業療法士さんの意見も全く同じものでした。(何度か書いていますが、この先生は本当にマジシャンのような方です)

本人がやりたいと思っているところに照準を合わせれば、おのずと努力もするようになる。苦手としているものさえも乗り越えてしまうことがある、ということに通じているように思います。

そう思うと、今息子がやりたいと思っていることは何なのかな、と考えてみました。何も制限もなくて、一日中好きなことをしていたらいいよ、と言えば迷わずマインクラフトで建築ばかりしていることでしょう^^;;;
昔からレゴ大好き、ロボット大好きな子だったので(ただし、プログラミングなどの内部構造よりも見た目を作る方が好きな子です)ものづくりは基本的に大好きなのです。

ゲームは時間制限の中でやらせているので致し方ありませんが、それ以外で息子が今望んでいることというのは「学校で良い成績をとって、周りの子をビックリさせること。そしてカッコイイと思われたいこと!」らしいです^^;;;

同期はやや不純な気がしないでもありませんが(笑)それで勉強をするモチベーションになっているのであれば、今はそれでもいいのかな、とも思います。
思えば中学生らしい可愛いモチベーションなのかもしれません。

もちろん、上には上がいくらでもいるわけですから、息子の理解力を考えたら限界もあるだろうなとは思います。
でも、本当に夢中になれるのであれば、苦手としているところさえ、頑張って克服していくかもしれません。
私ができることは、苦手を無理やり克服させようと働きかけることではなくて、きっかけを与えてあげたり励ましたりサポートしてあげるだけ、のような気がします。
結局は、息子自身の人生なのだから、私の思うように成長させようなんて、おこがましいことなのだと思うからです。

息子のやりたいことや気持ちを尊重してあげること。
それから、毎日頑張っている息子に美味しいゴハンを食べさせてあげて、前向きな言葉をかけてニコニコ励ましてあげることくらいしかできないのかもしれないですね。

お読みいただきありがとうございます。
ワンクリック、応援いただけますと嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. ミント より:

    連日失礼致します。

    今日の記事は、今までやるべき事を全てやって来た私は非常に共感出来る内容です。早く早くと問題解決の糸口を探しているのに、悠長な事をやってられないと散々焦って、近道と思われる効果のないアプローチを散々やって来ました。が、本人が嫌がる事、興味がない事を強要しても、良い方向に進む事無く、ストレスを与えるだけだとようやく分かって来た所です。

    良く、得意な教科を伸ばすと苦手な教科も伸びるとかいいますよね。そんな事ある?等と思っていましたが、そう言う物なのかも知れないと思ってきました。現にそう言う事に娘がなれば、実証できてはっきりと言えるのですが。。苦笑。

    苦手な事を克服したいと本人が思った時がチャンスで、思っていない時は何も働きかけないのが、親と子にとって良い影響があると思います。全ては子供からの自発的な気持ちですよね。

    長男君は、勉強にベクトルが向いているので羨ましいです。うちはいつ勉強にベクトルが向くのか、悩ましいですけど放置します。それでも冬休みの宿題は自分でやっている様なので、いちいち声かけしてた夏休みに比べると雲泥の差です。

    そう、そして先日レポートの宿題をやっている所をちらっと見たら、習っていない漢字を書いていたり、何しろ粒が揃って凄く綺麗になっていて驚きました。うちの娘も低学年の頃はマスに字が入らなかったりもうぐちゃぐちゃで、それが段々と変化して、今は自分の名前等は特に、その辺の大人より綺麗な文字を書きます。私が関与しなくなってからの変化ですので、不思議なものだなぁと思いました。

  2. RNMR33 より:

    ミントさん、コメントありがとうございます^^

    記事に共感してくださりありがとうございます!
    そのように言っていただけると書いた甲斐があるというものです。

    私も悠長なことを言っていられないと思って、色々と訓練しようと焦ったり無理を強要していた時期もありました。
    でも、本人がその気になっていることが一番の近道なのですよね。
    私もやっと分かってきた感じがしています。

    得意な教科でひとつでも自信をつけていく方法はとても良いと思います。
    全てに結果を出そうとしてもうまくいかないことも多いですが、ひとつだけなら、なんとかなりそうな気もしますしね。
    ひとつだけでも結果が出れば、それに釣られて他の教科もあげたくなってくるのが心理ですから、他の教科にも関係するのは当然なのかもしれないですね^^
    本当に、その子の気持ちが「これができるようになりたい!」と思った時が最大のチャンスで、その時に適切に関われるのが一番ですよね。

    ミントさんは手を離されているのに、お嬢様は冬休みの宿題を自分で進めるなんて素晴らしいと思います。
    うちは、やっぱり私ありきの状態なので、自分から取り掛かりはするものの、時々はチェックしていないと怪しいことになってしまいます^^;

    文字が綺麗なのはとても羨ましいです。
    息子は書字障害的な要素があるので、未だに書字は苦手で書道なんかも残念な出来栄えになったりしています^^;
    手を離されているのに様々な変化が訪れているのは、きっとミントさんの関わり方が上手なんだろうなと思いますよ。
    これからも益々の成長が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました