発達障害。コンサータが効いてる時とそうでない時では理解度が全然違う

コンサータ・ストラテラ
LINEで送る
Pocket

今日は学校が早く終わり部活動もなかったので夕方まで家でしっかり勉強に付き合ってみました。苦手としている単元を一緒にやってみたのですが、やっぱりコンサータが効いている時間帯だと理解度が全然違うということがわかりました。

36mg、45mg、54mgを使い分けている。

息子の場合はこの3つの量をその日の負担に合わせて変えて使っている、というパターンです。

・軽めの日で負担も大きくない日は36mg
・勉強をしっかりしたい日は45mg
・テストなど、かなり集中しなければいけない日は54mg

一番飲んでいるのが多い量は45mgです。
36mgだと、やはりあまり勉強にならない、というような面があります。
ただ、一般的な生活面で困ることは少ないので、例えば遊びに遠出するような日で勉強が軽めですむような日は36mgにしたり、という風にしています。



この間、同じ理科の応用問題を36mgの日と45mgの日にやってみたんですが、やっぱり全然理解度に差がありました^^;

36mgだと「全然わからない!意味がよくわからない!」と言っていた問題が、45mgを飲んでいる日に解いてみると、すんなり解けたりしていました。
頭のキレがいい!それだけではなく論理的思考もしっかりできている!そんな印象です。

薬物治療が全て、というわけではありませんし、それだけを推奨するというわけではありませんが、息子の場合は以下のようなメリットがあるのは確かなようです。
もちろん、コンサータだけを飲んでいるわけではなくてエビリファイも併用しているわけですから、そちらの効果も含まれると思います。

・勉強が理解しやすくなる
・周りの音が気にならなくなり集中しやすくなる
・学習が定着しやすい

処方いただける量には上限がありますから、お薬とは上手にお付き合いをしていきたいな、と思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました