日々のつぶやき一覧

伸びているかどうか、ということ。

息子の発達障害がわかったのは3歳くらいの頃ですが、ずーっと療育をしても何をしてものれんに腕押し状態だったな、という時期がありました。 もちろん、何も身についていないわけではありませんが、今のスポンジのように吸収してくれる状態からは、かけ離れていました。

記事を読む

理科の実験に学級活動に部活動。学校が楽しみ!らしい。

まだまだ時々忘れ物などはしますが、全体的にすっかり小学校に比べて落ち着いている息子です。学校は色々あるけれど全体的には楽しみなようで、登校のない週末は、週明けを待ち望んでいるような感じです。

記事を読む

ADHDの息子のこれまでを受け入れるということ

中学に入ってから、本当に色々なことがスムーズに進むようになった息子ですが、小学校自体は本当に大変でした。大変だったのは私の「こうでなければ」という想いが強かったからかもしれません。

記事を読む

最低限の礼儀。

私は今は育児中心の生活を送っていますが、一応フリーランスで量は減らしているものの、仕事を持っています。ここ最近、信じられないようなルール違反をされました。

記事を読む

宿泊学習の最終日。久しぶりのゆったりした時間。

今日はとうとう宿泊学習の最終日なので、息子が帰ってくる日です。 私の予想だと、おそらく「終わったのが寂しい、もっと宿泊していたい!」と言うはずだと予想していますが、どうだろう?

記事を読む

宿泊学習へ。準備物確認でADHDらしいうっかりミス。

息子の学校では二泊三日の宿泊学習が行われます。息子がいないと、時間の流れがとてもゆっくりです。本を読んだり息子の学習計画を立てたりしています。

記事を読む

報酬制と毎日のリスト作りが習慣に。ADHDの息子には今でも報酬が効果的。

息子は未だにご褒美制度を毎日の生活の中に取り入れています。具体的にはポイント帳を活用している、などです。遠い目標だとやる気が失せますが、目の前のニンジンのためには頑張れるみたいです。

記事を読む

小学校の頃、カウンセラーの先生に言われた言葉

小学校の頃は本当にできないことが多くて、学習においても心配ばかりしていました。色々な病院に行ったり評判を聞いてカウンセラーの先生と話したり、民間でやられている方をたずねたり。ありとあらゆる手段で息子の改善に取り組んでいたと思います。

記事を読む

11月はテスト続き。中学生は大変だなあ。

11月は何かとテストが多いです。塾の全国模試があるのと、学校で行われる学習調査、あとは期末テストが月末にあります。何かと中学生は忙しくてほんと大変だなあと思います。

記事を読む

体育の先生に褒められて嬉しかったらしい

先日も書いたように、息子は発達性協調運動障害をもっているため、体育がすこぶる苦手です。陸上のハードル練習ではコケまくり、毎日ように膝を擦りむいて帰ってきていたわけですが、最近体育のマット運動でうまくいったらしく、先生に褒められてとても嬉しかったようです。

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形