日々のつぶやき一覧

リコーダーの練習。単調な反復練習が嫌い。

息子の学校では音楽のリコーダーのテストが実施されるとかで、練習のためにリコーダーを家に持ってかえってきていました。発達性協調運動障害があるので、苦手な分野ではありますが、その練習中に考えることがあったので記しておきます。

記事を読む

子育てに疲れたと感じる日。

期末試験が終わってほっとしている週末ですが、来年明けには一年総決算ともいえる実力テストもあるので、あまりぼんやりともしていられないのが現状です。勉強のサポートを親がするっていうのは、発達障害の子においては、想像以上に大変です。

記事を読む

部活動を楽しむ。創作活動が好き。

息子は学校のパソコン部に参加しています。タイピングから始まって、色々と創作活動をしているのですが、楽しんでいます。決して秀でているわけでは...

記事を読む

期末テストに向けて苦戦。ミスの多さにメンタルがやられそう。

期末テストまで、あとほんのわずかに迫ってます。未だに数学で苦手な部分も出てきているし、ケアレスミスもひどい。今回はちょっと心配な状態ではありますが、どうなることか。。

記事を読む

間違えたくない、楽な勉強ばかりしたい?

期末テストがいよいよ近づいているので、この週末はめっきり勉強をしている息子です。とはいえ、まだまだ子どもで間違えると怒るし、楽な勉強ばかりしたがります^^;;

記事を読む

気持ちが伝わるので心から穏やかでいることが必要

最近は減ったものの、息子と時々ケンカになることがありました。そういう時は何かしらイライラの前兆があってそこからケンカになるわけですが、思うのは、私の気持ちの安定具合が恐ろしいほど息子に反映されている、ということです。

記事を読む

頭を使うことで本来の力を引き出していく

主治医との診察がありました。息子が思春期に入っていて、なんでも口にするわけにはいかないので、私が息子のことで相談のある時には私が別でカウンセリングの時間をとっていただくことにしています。

記事を読む

伸びているかどうか、ということ。

息子の発達障害がわかったのは3歳くらいの頃ですが、ずーっと療育をしても何をしてものれんに腕押し状態だったな、という時期がありました。 もちろん、何も身についていないわけではありませんが、今のスポンジのように吸収してくれる状態からは、かけ離れていました。

記事を読む

理科の実験に学級活動に部活動。学校が楽しみ!らしい。

まだまだ時々忘れ物などはしますが、全体的にすっかり小学校に比べて落ち着いている息子です。学校は色々あるけれど全体的には楽しみなようで、登校のない週末は、週明けを待ち望んでいるような感じです。

記事を読む

ADHDの息子のこれまでを受け入れるということ

中学に入ってから、本当に色々なことがスムーズに進むようになった息子ですが、小学校自体は本当に大変でした。大変だったのは私の「こうでなければ」という想いが強かったからかもしれません。

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形