薬物療法一覧

コンサータを勉強の負担によって使い分けて飲む

息子は発達障害・ADHDのお薬、コンサータを服用していますが、必要に応じて量を調節して飲んでいます。

記事を読む

薬飲んでたらいい子で、薬飲んでなければどうしようもない子?本人の良さに変わりはない。

お薬が効いている状態だと、素直で本当に良い子、と言われることが多いです。それに加えて最近は、落ち着きが本当に出てきてお兄さんらしくなってきた、と言われることが多くなりました。

記事を読む

ADHDの夏休み。コンサータ休薬の日はやっぱりグダグダ。

塾もなく、特に予定も何もない日なので、コンサータを休薬してみました。 息子は、エビリファイとコンサータを併用しています。

記事を読む

ADHDの息子、身体の成長に合わせてコンサータの増量。あまり違いがわからない?

息子は小学校6年生の頃から、本格的にコンサータによる薬物治療を開始しています。その子によってドーパミンの適切な量は様々です。 中学に入ってそこそこ身体が大きくなってきたことと、本人の希望で少し量を増量することになりました。

記事を読む

発達障害ADHDの薬を飲むか飲まないかの判断基準について、考えてみた。

ADHDの治療薬としてポピュラーなものは、コンサータです。ストラテラやインチュニブもありますが、「集中させる力」としてポピュラーなのは、何...

記事を読む

聴覚過敏

息子は若干の聴覚過敏があります。小さい頃から花火は大嫌い!未だに花火大会はあまり好みません。小学生の頃はクラスがうるさい、うるさくて集中で...

記事を読む

コンサータ・薬物療法での大きな変化。学習が様変わり。

息子は小学校4年生の頃に一度、また、小学校6年生になってからコンサータによる薬物療法を受験のため再開しました。最初に薬物療法をした時にうま...

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形