中学1年一覧

中間テスト一日目の感触は散々だった様子。気持ちの切り替えが難しいらしい。

中間テストの一日目が終了しました。一日目は国語・社会・数学でしたが、国語と社会が散々だったようで、大変落ち込んでいました。 帰ってから気持ちを切り替えて明日の勉強、というわけにはいかないようでした。

記事を読む

勉強したいけど楽したい?中間テストの朝。発達障害の重さと学習への課題。

息子は元気に中間テストに向けて出発していきました。やる気はあるようで「朝早く起きて復習してから行く!」と息巻いているわりに、楽な勉強をしようとする、勉強時間を短くしようとするなど矛盾した行動をとります。

記事を読む

中間テスト目前。ケアレスミスはなかなか治らない。

2学期の中間テストがいよいよ目前に迫ってきました。問題集などをつかって模擬試験的な物を何度かしてみましたが、前々からずーーっと課題のケアレスミスはなかなか減りません。

記事を読む

小学校の頃は愕然とすること続き。中学生になって自然となくなっていた。

小学生の頃は、とにかく勉強においては「こんなこともできないの?」という状態。友達との付き合いにおいてはワガママすぎたりして情けなくなる状態が続いていました。 ほんと、言葉の通り「愕然とする」と実家の母に泣きついたことは数しれません。

記事を読む

定期テスト前後の課題の多さ。時間のない子に「考える力」は身につくのだろうか。

毎度毎度のことながら驚くのが、定期テスト前後に出る課題の多さです。 「考える力」を重視する指導要項に変化してきつつあると言いますが、これもど子供達が忙しい状態だと、そもそも考える余裕すら生まれないのではないかな、と思ったりします。

記事を読む

コンサータの効果が切れだしてくると勉強にならず。ゆるくできる課題を。

息子は発達障害のお薬、コンサータを服用しています。小学校4年生の頃に一時的にチャレンジしましたが、その時はうまくいかなかったのですが、小学校6年生からは継続して飲むようになりました。 しかし、効き目が切れると気の散り具合が激しくなるので勉強になりません。

記事を読む

中間テスト期間へ。毎度ながらテスト勉強時間が足りない!

学校は中間テスト期間になりました。 毎度のことながら、大量の提出物、日常的に出る宿題も多く、全く時間が足りません。他の中学生もこんな感じなのかな〜

記事を読む

ADHDとの付き合い方。最善を尽くしつつ、あまり期待しないというおかしなバランスが楽になるコツかも。

長期的な希望をもっておくことはもちろん大事だと思うのですが、近い将来としては「ほんの一歩進んでいればいいかな」くらいの気持ちがちょうど良いのかなと最近思っています。

記事を読む

連休は中間テスト対策に。発達障害ゆえ、覚えるのに時間がかかる。

息子は一夜漬けで覚えたり、などができるタイプではなく、覚えるのにも時間がかかります。計画を立てたりなども自分では無理。何から何まで今はサポートしている状態です。

記事を読む

勉強の先取りの効果を実感してる。発達障害の子には予習が効果的とはこのことかな。

定期テストへの勉強の準備を始めた息子ですが、中学校に入ってから数学だけはほとんど勉強せずともそこそこの点数を取ることができています。 その分、応用問題にチャレンジしたり他の教科の勉強に時間を割けます。

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形