中学1年一覧

「なんで僕は人一倍勉強に時間がかかるの?」と言われた。

息子は発達障害を持っているので物事の理解の仕方にも凸凹があります。また、WISCの検査結果でもわかっていますが、言語と処理能力のところに凹みがあるため、それが学習状況においても足を引っ張っていることがわかっています。

記事を読む

意欲と同じくらい大切な継続する力

私の母は、毎日毎日同じことを習慣づける力がすごく強いなあ、といつも尊敬しています。日記に趣味に・・習慣づけるまで継続ができる人です。同じように、毎日毎日机に抵抗もなく向かい勉強している息子もすごいなあと思うのです。

記事を読む

課題の多い発達障害の息子。大きな器量で見守れたら。

息子の今の課題は、学校生活の中で社会性を身につけることと、できるだけ「できること」を増やすことです。しかし、失敗したりトラブルが起きたりすると、平常心でいられなくなったりすることもあります。

記事を読む

もっとパソコンでものづくりをしたい!

息子は学校でコンピューター部に入っています。放課後1時間だけですが楽しくて楽しくてたまらないようです。ものづくりや工作がもともと好きですが、もっともっとパソコンをやりたいという気持ちは確かなようです。

記事を読む

学校の課題をゲームにしてみた!ADHDならではの効果。

学校の課題をなんとか早く済ませたい・・でも反復練習など面白みがないし、量だけあってやる気が出ない、とのことなので時間を決めてゲーム化してみました。

記事を読む

発達障害でも毎日コツコツ頑張れるということ。

学校では大事なテストが2連続で行われる2月。忙しい毎日ですが、コツコツとすべきことを積み重ねつつ、毎日の中学生生活を楽しんでいるみたいです^^

記事を読む

冬休み明け実力テストの成績

平均点や席次なども含めた全ての結果が帰ってきました。2学期期末が少し下がり気味だったのですが、今回は全てにおいて上がっていたので持ち直してきたかな、という感じです。さて怪しかった数学の結果は。。

記事を読む

ADHDなのに注意深くなってきた。先生に注意されたくないという気持ち。

小学生時代は毎日のように先生に叱られてばかりの息子でした。今でも、時々役目が果たせてなかったりで注意を受けることがあるようです。

記事を読む

塾のテストで満点!学年末テストまでのスケジュールがぎゅうぎゅう詰め

もうすぐ学年末テスト、学力診断テストが行われるため学習計画を改めて見直しましたが、ぎゅうぎゅう詰めで大変なことになっています(汗)取捨選択して捨てるものは捨てるなど、割り切った対応をしていかないと難しそうです。

記事を読む

学校の宿題はどんどん増えていくらしい。発達障害の息子は大丈夫?

塾の先生と懇談会があり、色々話しました。宿題と家庭学習のバランスで悩んでいることを話すと、学年が上がるに連れて宿題はもっと多くなっていくと教わりました(汗)

記事を読む

スポンサーリンク
サイドバー正方形




サイドバー正方形